読めますか? テーマは〈病気〉です。

スポンサーリンク

頓服

答え
とんぷく
(正解率 98%)

発症時に、薬を毎食後など何度かに分けるのでなく一回で飲むこと。また、その薬。国立国語研究所が08年、誤解されやすい語として挙げた。頓はこの場合「一度」という意味だが、一般にはなじみのない字とされた。しかしその後、新常用漢字になった。

(2008年12月15日)

選択肢と割合

とんぷく 98%
かいふく 1%
がんふく 1%


重篤

答え
じゅうとく
(正解率 85%)

病状が非常に重いこと。国立国語研究所が、患者がわかりにくく言い換えるべき語として挙げた例の一つ。類語に「重症」「重体」「危篤」などがあるが、それらとの使い分けもあいまいで分かりにくいとされた。篤は常用漢字表にあるが、音読み「とく」はあっても「あつ(い)」はない。

(2008年12月16日)

選択肢と割合

じゅうあつ 7%
ちょうあつ 9%
じゅうとく 85%


中皮腫

答え
ちゅうひしゅ
(正解率 95%)

胸や腹部の臓器を覆う膜に発生する腫瘍(しゅよう)。石綿(アスベスト)吸入などが原因で起こる。腫、瘍は新常用漢字。腫瘍には、転移しない良性のものと、「がん」ともいわれる悪性腫瘍がある。国立国語研究所は「腫瘍はがんと同じもの」などの誤解がある語として丁寧な説明を病院に求めている。

(2008年12月17日)

選択肢と割合

なかひしゅ 2%
ちゅうひしゅ 95%
ちゅうひじゅう 2%


寛解

答え
かんかい
(正解率 47%)

症状が落ち着いて安定した状態のこと。国立国語研究所が、患者がわかりにくく言い換えるべき語として挙げた例の一つ。再発する可能性もあるので、「治癒」とは異なる。

(2008年12月18日)

選択肢と割合

かんかい 47%
かんげ 45%
かっかい 8%


増悪

答え
ぞうあく
(正解率 21%)

もともと悪かった病状がもっと悪くなること。憎悪との連想で「ぞうお」と読まれたり、「憎悪」と誤記したりするケースが多い。国立国語研究所は日常語で言い換えたいとしている。

(2008年12月19日)

選択肢と割合

ぞうあく 21%
ぞうお 77%
ますお 2%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter

おすすめ