株式会社共同通信社発行の会員制雑誌「共同ウイークリー」に、毎日新聞の校閲センターが月1回コラムを連載しています。タイトルは「言の葉の森」。若手の校閲記者を中心に、日々の仕事の中で気になったことなどを題材にして2019年5月から執筆しています。

 「『まぜご飯』を漢字で書くなら混ぜご飯? 交ぜご飯?」など、新聞記事に接する中で気になった表現を取り上げたコラムもあれば、新型コロナウイルスの出現により変化した新聞の言葉について触れた回、辞書との付き合い方に悩みながら言の葉の森の中で日々奮闘する姿をつづったものもあります。普段は決して表に出ることはない校閲記者ですが、コラムを通して日本語や校閲の奥深さを感じていただけると幸いです。

「共同ウイークリー」のほか、共同通信社のホームページでも一部バックナンバーをお読みいただけますので、ぜひご覧ください。

 

「言の葉の森」バックナンバー

文字に悩んで、文字に救われ

〇〇警察

母語話者の「違和感」

「目途」どう読みますか?

アスレチック

からあげ

コロナ禍のことばを読む

オンライン会議

指揮者は「指揮を執る」のか

辞書との闘い

「御の字」ラインをどこに引く?

言葉の森で掛けて遊ぶ

2019年の新語を振り返る

混ぜ?交ぜ?まぜご飯

鳥肌が立つ

ひとごとではない「自分ごと」

「ロウロウ介護」を考える

言葉の森で今日も迷子に

どこから来たのか「土足痕」

日本語としての「令和」考

 

国語辞典は楽しい! オンライン講座

 びっしり文字が書かれていて分厚い国語辞典。家に辞書はあったと思うけど、言葉の意味はネットで検索すれば済むし――なんて思っているあなた! 国語辞典は個性があって楽しいものなんです。「人」がつくっているのですから、一つ一つの短い文にも思いが込められています。

 今回、一昨年改訂の「岩波国語辞典」、昨年改訂の「新明解国語辞典」のつくり手による対談が実現。日々言葉に向き合いながら辞書を引き比べる校閲記者が、それぞれの辞書の魅力に迫ります。

 3/19(金)18時半~20時開催、受講料は3300円(税込み、1週間アーカイブ視聴可能)です。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter