「ウイルスに感染する」ということを別の表現でどう言うかは、「ウイルスへの感染」を選んだ人が最多でしたが、支持は3割強止まり。「~への感染」というと人がウイルスの方に向かってゆくような印象も与えかねないのが難しいところです。

「ウイルスに感染する」ということを別の表現でどのように言うか伺いました。

「感染」は「病原体が侵入すること/病気がうつること」

「新型ウイルスに感染する」を名詞の形で表現するなら……
新型ウイルスへの感染 31.5%
新型ウイルスの感染 16.7%
新型ウイルス感染 30.5%
「ウイルスに感染すること」など、上記以外の表現がよい 21.3%

 

新型コロナウイルスの文字が新聞に載らない日はなくなりました。日本国語大辞典によると「感染」は、「病原体が、体内に侵入すること。病気がうつること」。つまり、ウイルスに焦点を当てるなら「新型ウイルスによる感染が起きる」などとするのが適切な表現であるようです。

感染症を引き起こす原因である「ウイルス」と、ウイルスが原因となって表れる症状である「感染症」は区別されるため、厳密に言うなら「ウイルスが人に侵入して感染が起き」、それによって「人が病気(感染症)にかかる(感染する)」とすべきでしょう。ただ、連日同じ感染症について報道を続ける新聞では「新型コロナウイルスによる感染でかかる病気(感染症)」のことを、省略して「新型コロナウイルス」と書くことが慣例のようになっています。

日本国語大辞典は同じ「感染」の項で、「類義の『伝染』は病気を主とし、『病気が人に』の形が基本であるのに対して、『感染』は人に重点を置き、『人が病気に』が基本の言い方」とも説明しています。「新型ウイルス」を「新型ウイルスによる感染症」と同一視する形で、「人【が】新型ウイルス【に】感染する」という表現が広く使われています。

回答は割れるも「への」がやや優勢

さて、質問ではこの「(人が)新型ウイルスに感染する」を名詞の形で表すならばどんなふうにしたいかを伺いました。

①「新型ウイルスへの感染」は、もとの表現が「【に】感染する」であるため、「に」→「への」と文法通りに直した形。②「新型ウイルスの感染」は「ウイルス」と「感染」の間をシンプルに「の」でつなぐことで、前後の結びつきを読者に読み取ってもらう形。「ウイルス【が人に】感染する」「ウイルス【によって引き起こされる】感染」などをざっくり表していますが、「の」だけでは言葉足らずと感じる向きもあるかもしれません。③「新型ウイルス感染」は②をさらに短くして、「ウイルス感染」そのものをひとまとまりの名詞として扱う形です。

回答は割れたものの、僅差で①を選んだ人の割合が一番大きくなりました。文法に忠実で、丁寧な印象のある①が比較的多く支持される結果になったと言えそうですが、それでも全体の3割ほどであり、多数派とは言えません。出題者は個人的に①に違和感があり、代わりの案として②と③を挙げましたが、正直なところ、いずれもしっくりくるものとは思えず悩んでいるので、選択肢があまりよくなかったかもしれません。

人がウイルスに向かってゆく?

「北海道に旅行する」を名詞の形で表すと「北海道への旅行」となるように、助詞「に」を伴う動詞を体言に直す際には「に」→「への」という変換が起こりやすいです。「にの」とは言わないため「への」でカバーされるわけですが、この置き換えがあまりなじまない場合もあるように思います。

「へ」と「に」はどちらも「行き先」を表しますが、「へ」が主に「動作が及んでいく方向」を表すのに対し、「に」はより広く、目的地や、「事柄の起こる源やきっかけ」も表します。「北海道に旅行する」であれば「人→北海道」の向きなので、「北海道【へ】旅行する」と言い換えても違和感はなく、体言なら自然と「北海道への旅行」となります。

一方で「ウイルスに感染する」の場合、ウイルスが人の体内に侵入して感染が起きるわけですから、「人←ウイルス」の向きであるはずです。ここでの「に」は「動作が及んでいく先」ではなく、「その事柄(=感染)の起こったきっかけ」を意味しています。「ウイルス【による】感染」というイメージに近いでしょうか。「ウイルス【へ】感染する」と言うと、人が能動的にウイルスの方へ向かってゆくような印象が強くなり、ベクトルが逆ではないか、という違和感が生じるのだと考えます。

「に」→「への」が成り立つとは限らない

「へ」と「に」はその表す矢印の向きが正反対の場合があり、常に代替可能なわけではありません。アンケートでは①を選んだ人が最も多かったものの、③もほぼ同数であり、「選択肢以外の表現がよい」と回答した人も2割を超えました。③のように助詞を省いて簡潔にすることもできますし、形式名詞の「こと」を補って「ウイルスに感染すること」とするのも手かもしれません。

ぜひともこうすべし、という正解がないのが歯がゆいですが、もとが「に」であるからと単純に「への」に置き換える前に、立ち止まって検討してみることを提案したいです。

(2021年11月05日)



質問に際して

おそらく多くの人は一番上の選択肢を選び、出題者の期待する結果にはならないだろうという予感があります。▲「北海道に旅行する」を名詞にすると「北海道への旅行」となるように、助詞「に」を伴う動詞を体言に直す際は「に」→「への」という変換が起こりやすいです。では「新型ウイルスに感染する」ことは「新型ウイルスへの感染」となるでしょうか?▲出題者としてはこれが、人間がウイルスの方へ向かってゆくような表現に思え、不自然に感じられます。「へ」も「に」も方向を表しますが、「へ」が主に「動作が及んでいく先」を表すのに対し、「に」はより広く、「動作の起こる源やきっかけ」も表します。なんでも安易に「への」に置き換えてよいものでしょうか。▲一方、「への」が使えないならどう言えばいいのか、他に据わりのよい表現も思いつかないので困ります。ご意見をお聞かせください。

(2021年10月18日)

 

フォローすると最新情報が届きます

Twitter