現金自動受払機(ATM)からお金をおろすことについて、ほとんどの人は「引き出す」を使うと回答。「引き落とす」は使わないという結果でした。しかし、時に「引き落とす」を使って書かれた原稿を見かけるのはどうしてでしょうか……。

現金を機械などでおろす場合の表現について伺いました。

大多数は「引き出す」を選択

ATMなどで口座から現金をおろすこと。どう言いますか?
引き落とす 4.3%
引き出す 93.4%
上のどちらでもよい 2.3%

 

現金自動受払機(ATM)からお金をおろすことについて、ほとんどの人は「引き出す」を使うと回答しました。常識的に「引き落とす」は使わない、という結果ですが、現にそう書かれた原稿を見ることもあるのはなぜか。もしかすると警察発表の影響を受けているのかもしれません。

通常の用語は「引き出す」

国語辞典を引くと、「引き出す」の項目の中に「預金や貯金を下ろす」(明鏡国語辞典3版)、「銀行などから預金をおろす」(岩波国語辞典8版)とあります。ATMなどからお金をおろす場合の言い方は、やはりこちらが標準的でしょう。「引き落とす」の方は「公共料金などを、支払人の預金口座から受取人の口座へ送金する」(明鏡)などと説明。お金を口座から口座へと、紙幣などの形にすることなく、直接やり取りする場合に使われます。

警察発表を引き写したか…

原稿でどんなふうに間違えられるか。以下に例を引くと――。

(だましてカードを盗む)詐欺盗には被害の発覚を遅らせる狙いがあるとみられ、キャッシュカードが盗まれたことに気づかないままに多額の現金をATMで引き落とされてしまう。

●●署は7日、1人暮らしの女性(87)が新型コロナウイルスの感染拡大に便乗した詐欺被害に遭い、キャッシュカードで預金口座全額の127万9000円を引き落とされたと発表した。

(盗んだカードを)受け取った男がコンビニエンスストアの現金自動受払機(ATM)で、複数回に分けて女性の口座から約104万円を引き落としたという。

基本的には事件原稿です。もしかすると警察の発表が「引き落とす」になっており、そのままの言葉で記事を書いているのかもしれないと感じます。捜査の事実については多くの場合、警察が発表すること以上を知るのは難しいと考えますが、言葉遣いまでそれに従う必要はありません。読者にとって日常的な言葉を選ぶべきでしょう。

今後も「引き出す」に直します

校閲記者としては、「引き出す」とあるべき場面で「引き落とす」と書く原稿を少なからず見かけることが疑問でした。この入れ替わりは誤用だと考えますが、もしかすると、ある程度一般に広まってしまったものかと思い、今回質問で取り上げた次第です。しかし、皆さんの選択も辞書や当方の認識と同じであることが分かり、安心しました。今後も誤って「引き落とす」を使う原稿には、粛々と赤を入れていきたいと思います。

(2021年02月02日)



質問に際して

世の中キャッシュレス化が進んで、決済・支払いに現金が不要という場面も増えましたが、それでも現金自動受払機(ATM)からお金をおろすことがない、という人はいないのではないかと思います。

ATMを利用した犯罪というのも残念ながらよくある話で、新聞にも「ATMから、息子名義のキャッシュカードで現金約60万円を不正に『引き落とした』」といった記事が載ることもありますが……ここはやっぱり「引き出した」とすべきではないでしょうか。

辞書を見ると「引き落とす」は「公共料金などを、支払人の預金口座から受取人の口座へ送金する」、「引き出す」は「預金や貯金をおろす」とあります(明鏡国語辞典3版)。どちらもお金に関する用法なので混同が生じがちですが、お金を自分の手元におろす場合は「引き出す」でしょう。

とはいえ原稿の中ではよく見かける書き違えです。もしかすると「引き落とす」も意外に一般的に認められているのかもしれない、と思い伺ってみました。いかがでしょうか。

(2021年01月14日)

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter