バスを運転する人を何と呼ぶか。「運転手」と呼ぶ人が、「運転士」との「いずれも使う」も含めると6割を超えてやや優勢でした。とはいえ同様に見ると「運転士」も5割超。どちらの呼び方をしても差し支えないと言えそうです。

路線バスを運転する人をどう呼ぶか伺いました。

「運転手」がやや優勢だが「運転士」も一般的

職業として路線バスを運転する人のことを、どう呼びますか?
運転士 36.2%
運転手 46.2%
上二つのいずれも使う 16.4%
運転者 1.2%

 

「いずれも使う」も含めると「運転手」と呼ぶ人が6割を超えてやや優勢でしたが、「運転士」を使う人も5割超。校閲の作業で「バスの運転士」とある原稿を「運転手」とする直しを見ることもあるのですが、どちらの呼び方も一般的なものと言ってよさそうです。一部の辞書で「正式」の呼び方とされる「運転者」を選んだ人はわずかでした。

古い呼び方は「運転手」

「運転士」と「運転手」という呼び方では「運転手」の方が一般的には古いものと考えられます。例えば文部省唱歌「電車ごっこ」(井上赳作詞、1932年)では「運転手は君だ、車掌は僕だ」としています。日本国語大辞典2版でも、公共交通機関の運転者としての用例は「運転士」より「運転手」の方がより古いものが出ています。

「運転士」は古くは船舶に使われる言葉だったようです。古い辞書で当該の項目を引くと「遠洋航海船に乗り組み、船長の命を受けて、船舶の運航を分掌する船舶の職員」(富山房「修訂大日本国語辞典」1941年)のような具合。用法を時系列順に載せる広辞苑が最初に挙げているのも「船舶の運転をつかさどる海員」です。したがって、バスを運転する人の呼び方も「運転手」が古く、「運転士」は新しいというのは間違いありません。

「――士」は職業的な面が強調される

それではなぜ、バスなどにおいても「運転士」という呼び方がされるようになったのか。推測の域を出ませんが、自動車の普及に伴って、誰もが運転をするようになったことが一因ではないかと考えます。「――手」という言葉は「あるしごとを持つ者。ひと」(日本国語大辞典2版)と説明され「騎手」「助手」「投手」のような例が挙げられますが、これらには必ずしも職業と見なされないものも含まれます。「運転手」は「運転するしごとを持つ者」と同時に、職業的でなくとも「運転する人」を指す場合も出てきます。

一方「――士」は「特別の資格、職業の人」(同)と説明され、「博士」「栄養士」「弁護士」などが例示されています。こちらは「――手」の場合とは異なり、資格、職業であることが分かりやすい。「運転手」が職業的でない運転者を指す場合も出てきたことに伴い、職業的な運転者を分かりやすく区別するために「運転士」の呼称が用いられるようになったのではないでしょうか。

法令上の呼称「運転者」は選ばれず

道路運送法ではバスを運転する人を「運転者」としています。新選国語辞典(9版)が「運転」の項目中、運転手について「法令では『運転者』という」とし、また明鏡国語辞典(2版)が「正式には(中略)バスでは『運転者』という」とするのもそのためでしょう。もっとも、回答で「運転者」を選んだ人はわずかでした。ちなみに電車の場合は、鉄道事業法は「運転士」と呼んでいます。

今回のアンケートの結果から見ても、また使用実態を見ても、路線バスを運転する人について「運転手」「運転士」のどちらかにすべきだという事情はなさそうです。「バスの運転士」を「運転手」とする直しを見たことが今回の質問のきっかけだったのですが、同じ記事中での表記の不ぞろいを防ぐという場合以外は、特に直す必要はないと考えます。

(2020年09月22日)



質問に際して

バスを運転する人をどう呼ぶか。「バスなら運転手、電車なら運転士」という人が多いのではないかと推測しますが、バス会社では自社の乗員を募集する時などに「運転士」を使うところが多いと感じています。

国語辞典を引いてみると「運転士」は「電車・自動車を運転する業務に従事する人」、「運転手」は「電車・自動車などの運転をする人」(いずれも大辞林4版)。ともに電車でもバスでもOKとみえますが、業務として運転する人を「運転士」と言い、必ずしも業務でなくともよいのが「運転手」となりそうです。もっとも、業務以外で電車を運転する人はあまりいないとは思いますが。

要するに路線バスを運転する人は「運転手」「運転士」のどちらでも問題なく、受け手の違和感の小さい方を使えばよいか、というところで落ち着くかと思ったのですが――明鏡国語辞典2版の「運転手」の項目は、以下のように注記します。「正式には、電車・タクシーでは『運転士』、バスでは『運転者』という」。運転者! 第3の呼称が出てきました。「正式には」というのは法令上の名称ということでしょうか。これで呼ぶ人はあまりいないとは思いますが、一応選択肢に加えてみました。

(2020年09月03日)

 

オンラインで学ぶ校閲実践トレーニング

次回の講座は12月6日(日)の14:00~16:00、受講料は3000円です。日本全国、世界中どこからでも受けられます。

「文章を間違いのない分かりやすいものにすること」が校閲。校閲記者がどのような読み方をして間違いを見つけたり文章をブラッシュアップしたりしているのか、実例に基づいて解説します。その上で実際に校閲作業を体験していただき、楽しく学びながら校閲作業のコツをお伝えします。

毎日新聞の校閲記者によるオンライン講座はリピーターも多く、大変好評をいただいています。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter