ストローが「ささった」紙パックという場合、6割超が「挿さった」を選びました。「ささる」という語の漢字表記で、辞書などに記載があるのは「刺さる」のみですが、多くの人はそれだけでは済まされない場合もあると考えているようです。

「ささる」という言葉の表記について伺いました。

6割が「挿さった」を選ぶ

ストローが「ささった」紙パック――どう書くのがなじみますか?
刺さった 17.8%
差さった 10.7%
挿さった 61.4%
場合によって使い分ける 10.1%

 

「ささる」という言葉の漢字表記で、常用漢字表に記載があるのは「刺さる」のみですが、回答は6割を超す人が「挿さった」を選びました。「ささる」は「さす」の自動詞の形として使われますが、意味として「とがった物が突き立つ」だけでは済まされない場合もあると、多くの人が考えていることが分かります。

「さす」と「ささる」の関係

ほとんどの国語辞典で「ささる」は「先のとがったものが突き立つ。『とげが―・る』」(広辞苑7版)のように説明され、表記は「刺さる」のみが挙げられています。この「刺さる」という自動詞は、他動詞「刺す」から派生したもののようです。

「はさむ/はさまる」「つなぐ/つながる」などが「他動詞+aru」の形を取って自動詞になるのと同様に「刺す/刺さる」の関係も考えることができます。「とげを刺す/とげが刺さる」という具合です。

一方で「さす」という言葉は多様な意味で使われるため、表記にもさまざまなものがあります。常用漢字表で訓読みが認められているものだけでも「刺す」のほかに「指す」「挿す」「差す」があり、他にも「射す」「注す」などが考えられます。これらの場合については「さす/ささる」という形は及ばないのでしょうか。

違和感小さい「花が挿さっている」

「指す」は難しそうです。「北を指す」とは言えても「北が指さる」とは言えません。「鍵穴に鍵を差す」はどうか。「鍵穴に鍵が差さる」はあまり見慣れないようです。しかしこれが「鍵が差さっている」だと、急に問題なさそうに見えてきます。「花瓶に花を挿す」の場合も「花瓶に花が挿さる」は何だか違和感がありますが、「花が挿さっている」はぐっと違和感が小さくなるのではないでしょうか。

どうも動作を表す言葉として「さす/ささる」を見た場合には「刺す/刺さる」以外は使いにくいようですが、状態を表す言葉として見ると「差す/差さる」「挿す/挿さる」も考慮に入れる必要があるのではないかと感じます。「グラスにストローが挿さる」とは言いにくいにしても、「ストローの挿さったグラス」は容易にイメージできてしまいます。

「ストローが『ささった』紙パック」も、「紙パック」の様子を表す修飾語として「ささった」が使われており、この場合には「差さった」「挿さった」も選択肢に入れて差し支えないと考えるべきでしょう。

「突き立つ」以外の意味もあり得る

回答から見られる解説でも引きましたが、日本国語大辞典2版は見出し語の表記としては「刺さる」を採用しているにもかかわらず、用例としては夏目漱石「彼岸過迄」の「夫(それ)から上り口の土間の傘入に、僕の洋杖(ステッキ)が差さってゐる筈(はず)です」というものを挙げており、「差さる」の表記が目を引きます。

語釈は「とがった物が他の物に突き立つ。また、棒状のものが器物などの中に立ててある」とあり、ストローや花の茎、ステッキのような「棒状のもの」が紙パックや花瓶、傘入れといった「器物」に「ささる」こともあり得ることを認めています。

そしてこの場合には「刺」という「先が鋭いものを使って、ある一点を突き破る」(円満字二郎「漢字の使い分けときあかし辞典」)という意味を持つ文字よりも、「細長いものをすきまに入れる」(同)という意味の「挿」や、「さまざまな意味の『さす』を書き表すのに使っても、違和感がない」(同)という「差」がなじむと考えられたとしてもおかしいとは言えないでしょう。

created by Rinker
¥2,530 (2020/08/09 16:55:37時点 Amazon調べ-詳細)

「挿さる」も認められるべきでは

アンケートでは6割という多数の人が「挿さった」を選びました。この人たちが仮に辞書で「ささる」を引いたとしても、表記としては「刺さる」しか見つけることができず、「挿さる」は「間違いかな?」と感じるかもしれません。

しかし、ここではたとえ辞書に載っていなくても「挿さる」という表記には根拠がないわけではなく、使い分けの選択肢として考えられると申し上げたいところです。

(2020年06月09日)



質問に際して

漢字の表記が気になる人にとっては、「さす」というのも使い分けに悩む言葉ではないかと思います。刃物なら「刺す」、花なら「挿す」、刀を腰に挟むのは「差す」などなど。ではストローと紙パックなら?

――と書きましたが、ここで伺うのは「ささる」。実はこの場合、常用漢字表で認められている表記は「刺さる」だけです。「挿す」「差す」はあっても「挿さる」「差さる」はありません。というわけで、答えは「刺さる」です――と言えれば話は早いのですが。

「ささる」という言葉がそもそも「先のとがった物が他の物に突き立つ」(大辞泉2版)という場合にしか使えないのか。日本国語大辞典2版には夏目漱石の「彼岸過迄」から「土間の傘入に、僕の洋杖(ステッキ)が差さってゐる筈(はず)です」という用例が載っていますが、十分に細い物であれば、とがっていなくとも何かに「ささる」場面は考えられるはずでしょう。日国は「棒状の物が器物などの中に立ててある」という説明も載せているのですが、そうしたときにも「刺さる」以外の表記はあり得ないのか。

ここでは皆さんにとって、なじみやすい書き方を伺います。「ささる」はやっぱり「刺さる」なのでしょうか。

(2020年05月21日)

 

フォローすると最新情報が届きます

Twitter