アルファベットの略語と日本語名称はどちらを前に出したらよいかは「略語が前」という人が最多で半数近くになりました。毎日新聞ルールでは「日本語が前」ですが、略語と日本語で意味が完全には重ならない場合もあり、柔軟さも求められます。

「欧州連合(EU)」のような書き方の際、日本語と略語の順番はどうしたらよいか伺いました。

「略語が前」が大幅リード

日本語名称とアルファベットの略語(仮にABCとします)。どちらの書き方がよいですか?
日本語名称(ABC) 24.8%
ABC(日本語名称) 45.9%
どちらでもよい 5.7%
言葉によって異なる 23.6%

 

アルファベットの略語を前に出し、日本語名称をカッコ書きする方がよいという人が最多で半数近くになり、「日本語が前」という人の2倍弱を占めました。その他の回答も含めると、場合によっては日本語より略語を前に出す方がよいという人が4分の3を占めることになります。

順番に融通を利かせるべきか

回答から見られる解説でも記しましたが、毎日新聞は略語について原則的なルールを決めているだけです。用語集には「略語は、文の最初に出てきた正式名の後にかっこを付して入れる。同じ記事で2度目以降は略語だけを使う」とあります。「ただし、安保条約、原発、日教組などのように一般化しているものは、最初から略語を使ってもよい」というただし書きもあるのですが、これは例示されているような日本語略語を想定したものでしょう。

他の新聞や通信社の用語集を見てみると、もう少し融通の利くものもあります。

・定着度の高い語や、発言のカギカッコの中で略語が初出で使われるときは略語のあとに正式名を丸カッコして入れてもよい。(朝日)
・略語が一般化していたり、「略語(フル表記)」の方が分かりやすかったりする語は略語を先にする。(産経)
・「フル表記(略語)」を原則とするが、記事の内容によって「略語(フル表記)」とする場合もある。(時事)

といった具合です。少なくとも、こうした柔軟さはあってよいのではないかと感じます。

名称以外の日本語が付される場合も

アルファベット略語と日本語表記の関係も、必ずしも一定ではありません。たとえば例示した「EU」は「European Union」を略したもので、「欧州連合」はそれを訳した日本語名称。この場合は「EU」イコール「欧州連合」と考えてよさそうで、略語と日本語のどちらが前でも、順番によって意味に違いが生じることはないでしょう。

一方で、たとえば「SNS」について「会員制交流サイト」という日本語が当てられることがありますが、それは日本語名称というわけではありません。SNSという略語で示されるもの(コミュニケーションツールにも情報発信・入手ツールにもなるようなアプリなど)が主であって、「会員制交流サイト」はそれについての簡単な説明です。してみると「会員制交流サイト(SNS)」と「SNS(会員制交流サイト)」との間では、単に順番が違うということでなく、意味にずれが生じることになりそうです。これは書き手の意図によって順番が決められるべきものでしょう。

見た目の不統一、許容できるのでは

略語の始末をどうするか。記事作成のうえでは迷うこともあるものですが、皆さんに関心を持ってもらえるかには不安もありました。「どちらでもよい」が大半になるかもしれない、と。しかしあに図らんや、「どちらでもよい」はわずか5%ほど。皆さんがさまざまな「書き方」に関心を持っていることには心強い思いがします。

毎日新聞用語集(2019)より

 

毎日新聞で、アルファベットの略語と日本語の名称(説明)の順番を固定する形で決めているのは、略語と日本語の順番が、紙面のあちこちでまちまちになるのを避けるためでしょう。ただ、今回のアンケートの結果では、略語を前に出す書き方がよいという人が多数派でした。今後も現行の方針を続けるのがよいかどうかは検討の余地がありそうです。出題者としては、ルールを厳格に運用して見た目の統一を図るよりも、文の内容によってふさわしい書き方を選ぶ方が望ましいのではないかと考えます。

(2020年02月07日)



質問に際して

アルファベットの略語と日本語名称のどちらを先に出すか。毎日新聞にも原則的なルールはあるのですが、悩むこともあります。

毎日新聞用語集には「略語は、文の最初に出てきた正式名の後にかっこを付して入れる。同じ記事で2度目以降は略語だけを使う」とあります。つまり原則に従うと「日本語名称(ABC)」、たとえば「欧州連合(EU)」のような書き方になります。

しかし、「欧州連合」のような呼び方にはぎこちない印象も受けます。「EU」の方が呼び方としてはなじみやすい。日本語名称が主で略語が従と考えるのではなく、「EU(欧州連合)」のような書き方の方がなじみやすいかもしれません。NHKのニュースでは「EU、ヨーロッパ連合は……」のように略語を前に出した言い方をしています。

「SNS」のようなものも「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」という呼び方を前に出すよりは、現に流通している「SNS」を前に出す方が自然だと感じる人が多いでしょう。どのような書き方が読みやすいでしょうか。

(2020年01月20日)

 

フォローすると最新情報が届きます

Twitter