「愚直」という言葉からは「良い印象」を受けるとした人が3分の2を占めました。意味の上では良くも悪くも受け止められうる言葉ですが、自分のこととして使う場合には相手に悪感情を持たれる可能性は低いようです。

「愚直」という言葉の印象などについて伺いました。

「良い印象」が3分の2を占める

彼は仕事に「愚直に」取り組んでいる――言葉から受ける印象はどうですか?
「ひたむきに」という意味に取り、良い印象を受ける 32.8%
「正直すぎて気が利かない」と取り、悪い印象を受ける 13.8%
上の二つを同時に意味し、良い印象の方が強い 35.2%
上の二つを同時に意味し、悪い印象の方が強い 18.2%

 

意味と印象について織り交ぜた質問でした。意味については「ひたむき」と「気が利かない」を同時に意味するとした人が過半数。印象については「良い印象」とした人が3分の2で、はっきりと差を付けて多数を占めました。

毎日新聞用語集は注意を呼びかけ

毎日新聞用語集は、「愚直」という語について「誤りやすい表現・慣用語句」の欄で次のように案内します。

「正直過ぎて気のきかないこと」「ばか正直」の意味。自らや身内を謙遜して言ったり、辛口の批評であえて使ったりすることはあるが、人への評価としては不快に感じられることもあるので、書く場合はその点に留意する

回答からの解説にも記したように、自ら口にする場合は謙遜の表現と見なしうる言い回しですが、他人に対して使うのは難しい表現だということです。「愚」という文字からしても、一見したところ好意的な言葉とは言いにくい。「いちず」「ひたむき」のような似た意味で使われる言葉もあります。用語集は、あえて「愚直」という言葉を選ぶなら、それなりの理由付けが必要だと注意しているわけです。

マスコミでも「直さない」社も

「愚直」については以前の「毎日ことば」の記事でも紹介したことがあります(直す?「連投」「愚直」「走り」「くさびを打ち込む」「胸騒ぎ」)。日本新聞協会用語懇談会に報告された、2014年秋実施のアンケート(毎日新聞大阪本社が関西地区で幹事社として主導)をもとにした記事でした。

改めて紹介すると、「愚直に稽古(けいこ)を積んだ大関」のような言い回しをどうするかについて聞き、結果は「直す」とした社が12.5社、「直さない」とした社が8.5社というもの(「0.5」はどちらとも言えないとした社)。協会加盟社でも「直さない」とする社が意外に多いと感じます。「直さない」理由としては「さほど違和感はない」「肯定的なニュアンスで使う場合もある」など。今回のアンケートでも「良い印象」を受けるという意見が強かったことから見て、こうした捉え方もゆえなきものとは言えないようです。

郵政の新社長も発した「愚直」

かんぽ生命の不正販売問題を受け、新たに日本郵政の社長に就いた増田寛也元総務相は、幹部に対する年頭あいさつで「愚直に誠実に謙虚に進んでほしい」と呼びかけたとのこと(1月6日付共同通信の配信記事)。

この場合の「愚直」は、かんぽの問題が契約者をだますような形で生じたものだけに、文字通り「ばか正直」と受け止めてもよい使い方でしょう。それでも、この語から受ける印象が悪いものであるならば、再出発に当たっての言葉で使うことはないはず。世間の風潮としても、小ざかしさを捨てるという意味合いで、むしろ「愚」であることが尊重される場面がありそうです。

自分について使う分には問題なし

現時点において、「愚直」の意味は良くも悪くも解釈されうるが、印象としては決して悪い言葉とは見られていない、というのが今回のアンケートの結果だったと思います。特に自分の仕事などについて「愚直に取り組んでいきたい」と言った場合に、相手に不快感を与えることはあまりないと考えてよさそうです。

ただし、不特定多数の人に向けて情報を発信するメディアとしては、「悪い印象」という3割超の人にも目配りする必要があります。取材相手のコメントを引用するような場合を除いては、他の言葉に言い換えるか「愚直なまでに」のような形にするなど、配慮が必要な言葉と考えます。

(2019年01月17日)



質問に際して

「愚直」という言葉は、国語辞典では「知恵がなく正直一途(いちず)で、臨機応変の才がないこと。また、正直すぎて気がきかないさま。ばか正直」(日本国語大辞典2版)などと説明されます。「知恵がなく」というのは表現がきついとは思いますが、他のなによりも「正直、きまじめ第一」だ、というあり方が感じられます。

しかしこの言葉は、必ずしも否定的なニュアンスで使われるわけではありません。政治家は自分の主張を「愚直に訴えていく」と言いますし、自分の仕事について「愚直に取り組む」と言う人は毎日新聞の過去記事でも多数見られます。自ら口にする人の場合は「非才の身ながら~」のような謙遜の表現と同様に使われるのでしょう。不器用でも地道に、ひたむきに、というところでしょうか。

ただし、これを他人の評価に使うとなると話は違ってきます。「彼は愚直に取り組んでいる」というのは、正直いちずにやっていることを評価しているのか、それとも融通が利かないとくさすのか、あるいはその両方なのか。ことメディアにおいて、記者が取材相手について「愚直」という言葉を使うことには、相手に失礼に当たるのではないか、読者にも悪い印象を持たれるのではないかと気になります。今回の質問は辞書の説明では分かりづらい、受け手の印象という点から伺ってみました。

(2019年12月26日)

 

フォローすると最新情報が届きます

Twitter