「~の公算だ」だけで3分の2の人が「確率が高い」と捉えました。「公算」は「確率」と同じ意味なので、それだけではその確率が高いのか低いのかは表せませんが、実態からみても確率が高いときに使う言葉のようです。

「公算」という言葉の使い方について伺いました。

スポンサーリンク

「公算」は大小なしでも3分の2が「確率が高い」

法案が「成立する公算だ」とあればどう読みますか?
成立の確率が高いという意味 65.8%
成立の可能性があるという意味 12%
言葉足らずに感じる 22.2%

 

「~の公算だ」というだけでも、「その確率が高い」という意味で捉える方がおよそ3分の2を占めました。一方で2割の方が言葉足らずに感じるという回答でした。公算が大きいか小さいか言い切っていないので「可能性がある」ぐらいで受け取る方もそこそこいるのでは、と思っていましたが1割程度でした。

出題時の解説の通り「公算」は「確率」と同じ意味ですから、「~の公算だ」だけでは、厳密にはその確率が高いのか低いのかは表せません。しかし辞書を引いてみると、ほぼ全ての用例が公算「大」の方向を示すものでした。例外として「現代国語例解辞典」に「勝てる公算は全くない」とあり、「日本国語大辞典」には石川淳の著作からの例文で「あとからの箱にぶつかる公算のはうが大きいとしても、まへの箱にぶつかるといふ小さい公算もまたありえた」というものが見つかったぐらいです。

昨年1年間の毎日新聞の用例(東京本社版、地域面を除く)を検索してみても、111件の「公算」の使用例のうち「公算が小さい」が3件、「プラス成長になる公算だ」「撤退の公算」と大小を書かないものが2件、「~の公算が出てくる」と「可能性」という意味で使っているものが1件あった以外は全て「公算大」「公算が大きい」といった書き方でした。ちなみに毎日新聞用語集では、公算は「一般に大小で表現される」として「公算が強い」と書かずに「公算が大きい」とするよう定めています。

出題者は「~の公算だ」だけでは「言葉足らずに感じる」派であり、そう感じる今回の2割の方と同様、基本的には「大小」まで書いてほしいと思っています。しかしアンケートの結果、辞書の用例、新聞の使用実態を見ると、やはり「公算」といえば普通は確率が高いときに使う言葉のようです。

今回の例文であれば「与党に加え野党の一部も賛成しており、法案は成立する公算だ」など、確率が高いという意味が文脈上明らかならば、誤解の余地なく受け取ってもらえるのではと考えさせられました。

(2018年06月14日)

質問に際して

「公算が強い」は変で「公算が大きい」の方がよい、といった話が校閲記者の間ではよくされるのですが、そもそも「~の公算」で文章を終えてしまったり、見出しにしてしまったりする記事も見かけます。

「公算」とは「『確率』の古い言い方」(三省堂国語辞典)。とすると「成立する確率」で止めてしまっては意味がわかりませんから、「公算大」のようにきちんと最後まで書く必要がありそうです。

しかし実際に「日銀は金利を据え置く公算だ」「知事選はA氏とB氏の一騎打ちとなる公算」とあれば、「その確率は低い」という意味で受け取る人はほぼいないでしょう。ならば読者の「そんたく」に頼って略する……というのも許されるのでしょうか。

(2018年05月28日)

スポンサーリンク

twitter

過去記事から