「マネジャー」「マネージャー」について伺いましたが、ツイッターでは「マネージャ」派の方も。高校野球のサポート役は和製英語と考え「マネージャー」もありでは、とも。確かに大リーグのチームでmanagerは監督ですね。

「マネジャー」「マネージャー」の音引きの有無について伺いました。

「マネージャー」半数に届かず

センバツ開幕。野球部の裏方、新聞では「マネジャー」と表記しますが……
「マネジャー」でよい 25.3%
「マネージャー」がよい 46.2%
どちらでもよい 28.5%

 

岩崎夏海さんのヒット小説「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」のように、一つの書名の中で「マネジメント」と並んでいても「マネージャー」となるほどですから、やはりこちらの表記が圧倒的では、という予想でした。

しかし思っていたより回答は割れ、「マネージャー」が多数派だったものの半数に届きませんでした。さらにツイッターのコメントでは「マネージャ」派の方も。そういえばパソコンのウィンドウズでは、以前存在した「プログラムマネージャ」などは「マネージャ」と表記されていました。マイクロソフトが2008年から音引きをつける方針にしたため、例えば「タスクマネージャー」には音引きが付いていますが、当時の表記に慣れた人には「マネージャ」が自然に感じられるようです。

他には、日本でmanagerが指すものは英語の場合と違うので、高校野球のサポート役については和製英語と考え「マネージャー」もありでは、という興味深いコメントも。確かに大リーグのチームでmanagerといえば監督のことですね。

国語辞典でも「マネジャー」を引くと「マネージャー」の項目に誘導されることばかりです。新聞のルールとして「マネジャー」にするとしても、もはや日本語化したとも言える「マネージャー」が変だ、というわけにはいかないようです。

(2018年04月10日)



質問に際して

新聞表記と日常の使用実態が大きく異なるカタカナ表記の一つではないでしょうか。グーグルのインターネット検索では「マネジャー」約479万件に対し「マネージャー」は3倍の約1480万件ヒットしました。しかし英語のmanagerの発音は「マニヂャ」(カタカナで引ける英和辞典)という表記もあるほどで、「ネー」と伸ばさない表記の方が原音に近く、新聞ではこちらを採用しています。一方、managementは「マネジメント」の表記(新聞はこちらを採用)がグーグル検索で約1530万件、「マネージメント」が約276万件。managementとmanagerの前半部分は同じ発音なのですが、こちらは音引きなしが主流派でした。外国語の表記基準を一貫させる難しさが感じられます。

(2018年03月22日)

 

オンラインで学ぶ校閲実践トレーニング

次回の講座は12月6日(日)の14:00~16:00、受講料は3000円です。日本全国、世界中どこからでも受けられます。

「文章を間違いのない分かりやすいものにすること」が校閲。校閲記者がどのような読み方をして間違いを見つけたり文章をブラッシュアップしたりしているのか、実例に基づいて解説します。その上で実際に校閲作業を体験していただき、楽しく学びながら校閲作業のコツをお伝えします。

毎日新聞の校閲記者によるオンライン講座はリピーターも多く、大変好評をいただいています。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter