新聞の見出しで時々目にする「力尽く」。「力尽きる」の意味で、字数を減らすために使われますが、「違和感がある」の割合は予想以上でした。

「力尽く」という見出しについて伺いました。

「力尽く」は4人のうち3人が違和感あり

善戦むなしく敗れたときの「日本 力尽く」という見出し。この「力尽く」、どう感じますか?
違和感がある 75.1%
違和感はない 24.9%

 

「力尽く」の見出しに違和感がある方はほぼ4人に3人。予想より高い割合でした。

出題時の解説では避けたい理由として、文語的である▽無理やり行う意味の「力ずく」と誤解されうる――の二つを挙げました。

違和感を持つ人が主にどちらの理由だったのか、または他の理由なのかは分かりませんが、この結果を踏まえて「力尽く、という見出しに違和感を持つ人も多いですよ」と整理記者に再考をうながすことはできそうです。

数十年前の毎日新聞で、日仏ラグビーの見出しに「若い日本、力尽く」とありました。

記事によると、日本選抜は「若さにまかせて押しまくり……一時はリードを奪う健闘」とのこと。

「力ずくで強引に攻めた」という意味の見出しかとも思いましたが、読み進めると「後半、世界一級品のフランスの猛攻で力つきた」とあったので、「力尽きる」の意味でつけられた見出しでしょう。

これは両様に読めてしまう出来過ぎの例かもしれませんが、やはり「力尽く」は避けた方が良いようです。

(2018年03月23日)



質問に際して

「尽く」は「尽きる」の文語的表現ですから、「力尽きる」の意味で「力尽く」としても間違いではありません。

しかし新聞は口語での表現を基本にしています。さらに「力尽くで従わせる」のように「ちからずく」とも読めてしまうため誤解の恐れもあるので、この表現はなるべく避けたいところです。

ただ、見出しを付ける整理記者は、少ない文字数にして大きな活字で見せようとします。そこで1文字の節約のために「力尽きる」とせず「力尽く」が登場するのですが……。

「絶対にダメ」とは言えず、判断に迷います。

(2018年03月05日)

 

国語辞典は楽しい! オンライン講座

 びっしり文字が書かれていて分厚い国語辞典。家に辞書はあったと思うけど、言葉の意味はネットで検索すれば済むし――なんて思っているあなた! 国語辞典は個性があって楽しいものなんです。「人」がつくっているのですから、一つ一つの短い文にも思いが込められています。

 今回、一昨年改訂の「岩波国語辞典」、昨年改訂の「新明解国語辞典」のつくり手による対談が実現。日々言葉に向き合いながら辞書を引き比べる校閲記者が、それぞれの辞書の魅力に迫ります。

 3/19(金)18時半~20時開催、受講料は3300円(税込み、1週間アーカイブ視聴可能)です。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter