「◯◯に暴行した」を選んだ人が「◯◯を。」を選んだ人の1.5倍程度でした。「に」がよいという考え方もありますが、両方使われるのが実情です。

助詞と動詞のつながりについて伺いました。

スポンサーリンク

「〜に暴行した」が「〜を暴行した」より優勢

前回に引き続き、助詞と動詞のつながりについて。暴行容疑、どう書く?
○○に暴行した疑い 56.8%
○○を暴行した疑い 36.1%
どちらもよくない 7.1%

 

「○○に」を選んだ人が「○○を」を選んだ人の1.5倍程度となりました。

「てにをは辞典」(小内一編、三省堂、2010年)を見ると「暴行」の項目には「婦女を暴行する」という例が出ています。

この辞典は語用の規範を示したものというよりは、実際の用例のコレクションなのですが、「○○を」が使われる実情を物語っています。

一方で、動詞を自動詞、他動詞と区別している明鏡国語辞典(第2版)では、「暴行」を自動詞としています。

自動詞についての明鏡の定義には「『人にかみつく』のように、対象への働きかけはあるが、『~を』にはならないものも、自動詞とする」とあります。

この考え方だと自動詞の「暴行する」は「~を」にならないので、「○○に暴行する」がよい、ということになりそうです。

「助詞・助動詞の辞典」(森田良行編、東京堂出版、2007年)では対人関係を表す言い方で、「に」と「を」が競合する場合がある、として「息子に頼る/息子を頼る」「弟を行かせる/弟に行かせる」のような例を挙げています。

毎日新聞の用例では「○○に暴行する」が「○○を……」の3倍ほどの件数にのぼり、どちらかといえば「に」を使いたいと考えますが、2種類の助詞が使われても問題がないケースと見なすべきかもしれません。

(2018年03月20日)

質問に際して

「暴行罪」は傷害罪と似た罪ですが、暴行を受けた相手が傷害を負わなかった場合に適用されます。

毎日新聞の記事データベースを見ると、過去約30年間の東京本紙において、「に暴行した」が431件、「を暴行した」が133件現れました。件数としては「に」が3倍ほどですが、どちらもよく出てくると言って差し支えないでしょう。

あるいは、このように直接的な目的語を取って「暴行する」を使うことに無理がある、という意見もありそうです。「○○に暴行を加える」とするか「○○を相手にして暴行する」のように間接的な形を取るべきだという考え方です。ただし、新聞では字数減らしの要請が強いので、必ずしも採用できないやり方かもしれません。

(2018年03月02日)

スポンサーリンク

twitter

過去記事から