電話を「架ける」という表記を使うと答えた人は3割近く。「架電」という言葉が浸透していることがうかがえますが、よく使われるようになったのは最近のことのようです。「広辞苑」でも第6版(2008年)で採録されました。

伺ったのは、電話を「かける」という時の表記についてです。

スポンサーリンク

「架ける」が4分の1超す

電話を「かける」、どう書きますか?
電話を掛ける 15.1%
電話を架ける 28.1%
電話をかける 56.8%

 

平仮名書きが多いだろうと予想していましたが、「架」を使うと答えた人が4分の1を超えたのは意外でした。「電話をかける」という意味の「架電」が浸透していることがうかがえます。

「架電」がよく使われるようになったのは最近のことのようです。「広辞苑」でも第5版(1998年)までは載っておらず、第6版(2008年)で採録されました。元々は裁判の判決文などに出てくる用語だったようで、1991年6月18日の毎日新聞には、裁判所内で「『電話をかける』を『架電する』と表現した判決文が難しすぎる」と論議を呼んだと記されています。

そうした難解な裁判用語を易しくする動きがある――と記事は紹介しているのですが、「架電」はむしろ定着した観があります。しかしそれを「架ける」とまで応用するのはどうでしょうか。

文化審議会国語分科会が2014年に出した報告「『異字同訓』の漢字の使い分け例」では、「架かる、架ける」について「一方から他方へ差し渡す」と解説し、用例として「橋が架かる。ケーブルが架かる。鉄橋を架ける。電線を架ける」を挙げています。

「電話を架ける」は電気信号をつなぎ渡すようなイメージかもしれませんが、ちょっと無理があるように思います。

(2018年02月11日)

質問に際して

辞書にある「架電」の項目には「電話をかけること」(広辞苑第7版)との説明がありますが、「電話を架ける」という表記は一般的でないようです。毎日新聞では用字を定めてはいませんが、記事データベースで検索できる範囲では「架ける」14件、「掛ける」1582件、「かける」1万5093件と仮名書きが圧倒的(1月21日時点)。共同通信社の用語集では、慣用が定着しているものとして「かける」を使うこととしています。

(2018年01月26日)

スポンサーリンク

twitter

過去記事から