「字体は目に見えないもの」「私たちは“フォントデザイナー”ではない」――毎日新聞社の #フォント制作室 に所属するデザイナーが、「書体」や「フォント」、「字体」や「字形」という言葉について、それぞれどういう意味か、何が違うかを解説しました。 #毎日書体

 

字体、字形、書体、そしてフォント。これらの言葉をどこかで見たことがありますか。

似ているように感じますが、どのような違いがあるのでしょう。

字体と書体の違い

下の2組の文をご覧ください。一方は「字体」の違う組み合わせで、もう一方は「書体」の違う組み合わせです。

さて、どちらがどちらでしょうか?

 

答え
上が「書体」の違う組み合わせ

下が「字体」の違う組み合わせ

 

字体とは、文字の骨組みのことです(常用漢字表)。

「体」も「體」も同じ意味で用いることができますが、字体は違います。

 

それでは、次の四つの条件に従うとどんな形ができますか。

ちょっと「骨組み」を体験してみましょう。

1 1本の直線を横に引く。

2 1で書いた横棒の中心と、直角に交わるような縦棒を書く。

3 横棒と縦棒の交わったところから、左斜め下に向かって1本直線を引く。
  なお、縦棒の下端より下に出てはならない。

4 同様に右からも線を引く。

 

答え
誰が書いても「木」ができるはずです。

 

どれもキと読めるし植物の一種を意味しているとわかります。

目には見えないけれど、「木」だと思える形が頭の中にはあるのですね。

 

字体と字形の違い

次のふたつの文の字体は同じですが、字形の違うところがあります。さて、どこが違うでしょうか。

 

答え
「違」の「ヰ」の部分です。

わずかな差ですが、これは字形の違いです。

 

字形とは字体を目に見えるように表したもののことです。

反対に言うと、字体は目には見えないのです。

字体は文字の骨組みだといいましたが、字体が骨なら、字形は肉だと思えませんか。

書体とは何か

下の樹形図をご覧ください。

図左の枠内は広い意味での書体、右は狭い意味での書体です。

書体とは字形の様式のことです。

字体が骨だとしたら字形は肉だろうと書きました。それなら、書体は肉の付き方です。(ややこしくなりますが、字形を書体と同じように使うこともあります)

分類の仕方いろいろ

アスリートと一様に呼ばれる人々でも、競技によって体つきが違いますよね。

漢字の、細い横線の右端に三角形が付いていて、縦線は(少なくとも横線よりは)太いなら明朝体です。

ゴシック体の線は太さが一定。そこから角をとったようなものは、丸ゴシック体です。

もちろんこの3種類だけではありません。

また、分類の仕方はいろいろで、「筆」「装飾」のように表現で分けたり、「本文」「新聞」と用途で分けたりします。

図の右には、実在する書体名が並んでいます。

ここでいう書体とは、同じ様式で作られた文字や記号の集まりのことです。

これだけを明朝体と呼ぶような、ただ一つの何かがあるわけではありません。

明朝体やゴシック体はたくさんあるし、これからも増え続けます。

「みそ」に例えると

これ以上説明するよりも、下の図がわかりやすいでしょう。書体を味噌に置き換えた樹形図です。

広い意味での「書体」を米味噌や麦味噌といった原料別の味噌の種類に、狭い意味のほうは具体的な商品名(架空)に置き換えました。もしあなたが台所で「○○家のお味噌」を手作りすれば狭義の方が増えます。

書体とフォントの違い

私たちは自分のことを書体デザイナーだと思いますが、フォントデザイナーだと思ったことはありません

「書体」と「フォント」とは何が違うのでしょう。

パソコンやスマートフォンで使う書体を選びたいときは、フォントという項目から変更しますね。

現在はもっぱら、フォントとは書体のデータを指します。

「現在は」と断ったのにはわけがあります。

フォントという言葉に、同じ大きさで同じデザインのひと揃いの欧文活字、という意味しかない時代があったのです。

活字がどんなものか思い浮かべられない人には、後者が何であるのかはっきり分からないかもしれません。それは別の時に解決したいと考えています。

それぞれ一言でいうなら…

字体とは文字の骨組みのことで、目には見えず頭の中にあるもの。

意味は同じでも、字体の違う2文字「栄」と「榮」

 

字形とは、字体を目に見えるように表したもののこと。

字形の異なる「牙」

 

書体とは、字形の様式のこと。

また、同じ様式で作られた文字や記号の集まりのこと。

フォントとは、書体のデータのこと。

また、同じ大きさで同じデザインの一揃いの欧文活字のこと。

 

お分かりいただけましたか?

毎日新聞の書体についてや、フォント制作室への質問などがありましたら、ツイッターなどから「毎日ことば」へお寄せください。

【フォント制作室/書体デザイナー・吉田千恵】

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter