新聞校閲の事実確認で大切なのは、いかに素早く、信頼できる情報源で確かめるか。そのためには「このサイトならこれが調べられる」といった〝引き出し〟を持つことが重要です。校閲記者の調べものの実際と、そのツールをご紹介します。


きっかけは出版の分野で活躍する校閲者の方々に毎日新聞の校閲現場を案内している時でした。

「これは会社の財産ですね。ぜひ公開してほしい」

「校閲者や司書は泣いて喜ぶと思いますよ」

毎日新聞の校閲センター内で共有しているインターネットサイトのリンク集のことです。私たちの仕事に合わせて作ってきたので一般にどこまで役に立つか分かりませんが、そのような声をいただいたため、どなたでもアクセスできる部分などを公開することにしました。

このリンク集の始まりは2009年ごろ。米国の雇用統計や消費者物価指数など、一から調べると手間がかかる経済関係の情報を早く調べるためでした。そこからスポーツなどデータが豊富に使われる記事などでもリンクがまとまってあれば便利だということで徐々に分野が広がり、数が増えていきました。

そもそもなぜリンク集が必要なのかというと、時代の変化とともに校閲記者の役割も変わっていったことが関係します。もちろん誤字脱字を直すことや分かりやすい文章に整えることが基本であることに変わりはありません。しかしインターネットの発達によりタイムリーに多くのことを調べられるようになった結果、事実関係や数字などの誤りを指摘することの比重が増していったのです。

ただしインターネットの膨大な情報量がかえって正確性を測りかねたり、遠回りになったりしてしまうということもあります。これは調べられることが増えているにもかかわらず校閲に与えられる時間が増えているわけではない現状では致命的です。従って「このサイトならこれが調べられる」といった「引き出し」が効率化、時間短縮に有効といえます。その引き出しを共有しようというのがリンク集のねらいです。

このページでは、実際の使い方をイメージしやすいよう、実際の記事の内容確認を交えながらリンク集にあるサイトからいくつか紹介します。リンク集と併せ校閲に関わらない方も何かを調べる際、一助になれば幸いです。

日々更新し有用な情報を発信しているサイト運営者の方々に感謝いたします。

スポンサーリンク

法律・政治

国会会議録検索システム

2018年2月10日朝刊
江崎鉄磨沖縄・北方担当相は9日の衆院予算委員会で、明治政府が琉球王国を廃止して沖縄県を設置した「琉球処分」を「沖縄処分」と言い間違えて答弁した。

このサイトは日付や発言者、会議の種類、フリーワードから過去の会議録を調べることができます(収録まで2~3週間)。フリーワード検索で「沖縄処分」と打ち込むと記事が正しいことが確認できます。誤った発言も含めてこれだけ細かい議事録があるので重要な手がかりとなり得ます。

 

 

e-Gov法令検索

2019年2月20日朝刊
自衛隊法97条では、自衛官募集事務の一部を自治体首長が行うとされ、同法施行令120条で「(防衛相は募集に)必要な報告または資料の提出を求めることができる」と規定されている。

このサイトは六法全書にない法令も載っていてとても便利です。もちろんグーグルなどの検索サイトで「自衛隊法97条」などと直接入力しても得られる内容はほとんど同じだと思いますが、確実に原文に当たりたい時にはこのサイトがおすすめです。

国際関係

CIA WORLD LEADERS

2018年11月18日朝刊
(英国の欧州連合離脱に関する記事)
離脱合意案に反対して辞任したラーブEU離脱担当相とマクベイ雇用・年金相の後任は、いずれもメイ氏に近いバークレイ保健担当閣外相とラッド前内相。

このサイトは各国の首脳、閣僚を確認することができます。マイナーな国・担当相も記載されているので検索サイトであまりヒットしないような人も調べられるので便利です。しかも、つづりが分からず検索すること自体に時間を使ってしまうという問題も解消できます。更新は数カ月ごとではありますが、これだけ網羅的に情報が載っているので心強いことに変わりはありません。

 

 

経済

米雇用統計

2019年3月9日朝刊
米労働省が8日発表した2月の雇用統計(速報値)によると、景気動向を敏感に映す非農業部門の就業者数は、季節調整済みで前月比2万人増と前月(31万1000人増)から急減速した。

冒頭でもあった米雇用統計です。労働省までたどり着いてもお目当ての数字を見つけるのは一苦労です。「CES News Releases」の「Archived Employment Situation」から該当の年月の雇用統計に飛ぶことができます。「20」と「311」(単位は1000人のため)がようやく見つかるとほっとします。英語に堪能な方なら別なのかもしれませんが、外国のデータを調べるには「このサイトのここでこの数字が調べられる」ということを把握しなければなりません。

スポーツ

スポーツナビ

2019年3月3日朝刊
直球をすくい上げた打球は高々と上がり、右翼席中段へ落ちた。オープン戦第1号となる先制2ランも、日本ハム・清宮の口から出るのは最後の打席で3球三振したことへの反省の言葉だった。二回の第1打席は二ゴロに倒れて迎えた四回1死二塁の打席。DeNAの左腕・石田が「今の自分の真っすぐを考えると、もう少し厳しいところに投げないといけなかった」と振り返った球威の足りない131キロ直球に清宮の体は自然に反応した。

運動記事はたった数行の記事でも名前や数字などが多く、調べる量は多くなります。このサイトはさまざまなスポーツの情報を速報してくれるのでスポーツ面担当の日は欠かせません。結果や出場選手が載っているサイトは数多くありますが、このサイトは一目で多くの情報が得られ、詳細に試合経過を載せているという点で優れています。(下の画像はアプリ版)

 

女子テニス協会

2019年1月23日朝刊
スビトリナは昨年の年間成績上位の8選手で争うWTAファイナルで優勝した実力者。対戦成績は過去2勝3敗で、特に昨年は2戦2敗と歯が立たなかった。

全豪オープン準々決勝で大坂なおみがエリナ・スビトリナに勝利しベスト4進出を決めたという記事。このサイトでは名前を打ち込むだけで過去の対戦成績、試合した日にちやスコアなど詳細なデータが得られます。

運動記事では過去の成績が頻出するためこうしたサイトの存在はありがたいです。
※この試合で大坂が勝利した記録が更新されているので3勝3敗となっている。

男子はこちら

 

FIFA World Cup Archive(国際サッカー連盟)

2018年6月26日朝刊
32チームで争われる現行方式になった1998年フランス大会から前回大会まで、1次リーグの第2戦を終えて勝ち点4のケースは33あり、その中で決勝トーナメントに進めなかったのはわずか5度だけだ。

敗退したのはいずれも最終戦で敗れた試合で、2002年の南アフリカ、コスタリカ、カメルーン、06年の韓国、10年のスロベニア。南アフリカ、コスタリカは勝ち点で2位と並びながら、それぞれ総得点、得失点差で涙をのんだ。

調べることを考えると思わず尻込みしてしまうこの記事。昨年のサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本代表が1次リーグ2戦を終えて1勝1分けの勝ち点4という状況で、決勝トーナメント進出の可能性を考察した内容です。

98~14年のW杯の1次リーグで勝ち点4以上の国を見つけたら1、2試合目の結果を確認し数えて、33という数字が正しいかを調べます。同時に勝ち点4で3位以下になっている国を探し(勝ち点5以上は2位以上が確定のため)、2段落目の内容が正しいかを確認するという地道な方法を取りました。

信頼できるサイトだという前提があるからこその方法だと思います。

 

その他

過去の気象データ検索(気象庁)

2018年8月7日
日本列島は6日も暑さに見舞われ、岐阜県の3地点で最高気温が40度超えとなった。同県下呂市金山で国内観測史上2位タイの41・0度を記録し、東海地方で1位だった同県多治見市の40・9度(2007年8月16日)を更新した。

気象情報と数字はセットで記事になります。訂正と数字の事実誤認もまた切っても切れない関係です。つまり校閲記者にとって調べずにはいかない気象情報。もちろん気象庁がホームページで細かい数字を載せていることは多くの人が知っていることだと思います。しかし使い方に精通している人ばかりかというとそうではないでしょう。

我々が特に使うのは地点を選択するとその地点の観測史上1~10位の値が分かるというもの。地点によって種類は変わりますが、気温や降水量、日照時間など多くのデータが載っており、その情報量に圧倒されます。自分の住んでいる地域の過去の記録を見るだけでも面白いのではないでしょうか。

 

市町村合併の実績(総務省)

2018年6月9日朝刊
<1>久米裕さん 52歳
東京都三鷹市役所の警備員だった1977年9月、「旅行に行く」と言って公休を取った。同僚に「今、宇奈月温泉(富山県)にいる」と電話をかけたが、その直後の同19日に石川県能都町(現能登町)の宇出津(うしつ)海岸で北朝鮮の工作員に拉致された。

久米さんは当時、東京都保谷市(現西東京市)で暮らしていたが、在日朝鮮人の男に「大きなもうけ口がある」と誘い出された。

1度目の米朝首脳会談前に拉致問題の全体像をまとめた記事。久米裕さんは最初の拉致事件の被害者です。このサイトで調べられるのは石川県能都町(現能登町)、東京都保谷市(現西東京市)という部分。地名の表記はもちろん、合併した時期も同時に見られるので時間を節約することができます。

 

インターネットの進化によって調べられることは増えました。しかし、調べがつくことを見落とせば校閲記者の失点でもあり、それは常に恐怖です。また、インターネットがあっても調べられないことが無数にあることも事実。調べられることなのか、そうではないのかを見極め、インターネットとうまく付き合っていくことが誤りのない記事を読者に届けることにつながるのかなと思います。

【本間浩之】

フォローすると最新情報が届きます

Twitter