どこが悪い?

「野党の政策はどこか理想的で、現実的な対応をしてくれそうな自民がよく見える」と街の声。

理想的なら「事物の状態が理想に合致しているさま」(広辞苑)で、どこが悪いのかわからない。


広辞苑

ここは、実現可能性を無視する空想的または狂信的態度を意味することもある(同)という「理想主義」がふさわしいだろう。理想主義的で、と直った。

どこが起点?

有効求人倍率が「09年度から一貫して上がり続けている」と雇用環境の説明。しかし起点を表す助詞「から」がくせもの。

09年度の値を起点として翌年度に上昇が始まったことを表したものだが、これでは09年度の値も前年度比で上昇したようにも読めてしまう。

「09年度を底に一貫して……」と直った。

どういう雨?

駅前では「小雨が降りしきる中」候補者の演説に聴き入る人たち。

降りしきるは盛んに降るという意味合いがあり、小雨にはなじまない。「小雨が降る中」となった。

【宮城理志】

9/30(金)19時~ オンラインイベントを開催

「記者時代、訂正・おわびにつながる間違いを校閲記者に助けられること数知れず」という毎日新聞人事本部の三木陽介・採用担当部長が司会を務め、校閲記者が舞台裏を語るオンラインイベントが9月30日(金)19:00〜20:30に開催されます。

チケットは一般1650円、学割550円。文章の校閲・構成に興味がある方から「毎日ことば」のファン、さらに、ことばそのものに興味がある方まで幅広くお楽しみいただける内容です。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter