書きたかった意味はなんとなく分かるものの、どこかしっくりこない言葉遣い。

校閲者の言語感覚が違和感を訴えた「微妙に違う言葉」をいくつかご紹介します。

誰もが引っかかるところではないかもしれませんが……あなたも気になりますか?

白は「原色」か

「桃色、青、白の原色」とありますが、「原色」はいわゆる三原色(赤、青、黄)ないし、どぎつい色を指す言葉。

「白」もはっきりした色ですが、どちらにも当てはまらないので「原色」とはいえないでしょう。

不安の中で休眠を

「不安の中で休眠をとる」。ここでは「休んで眠ること」といった意味合いで書かれたのでしょう。

しかし一般的に「休眠」は、冬眠など「動植物が、ある期間ほとんど活動をやめること」(三省堂国語辞典)や「休眠状態の工場」「休眠口座」というような場合に使う言葉。ここは「休息」でよいだろう、ということになりました。

「慰み」と「慰め」

同情を禁じ得ない話が語られていますが、最後の「せめてもの慰み」はちょっと変な気がします。

辞書を引いてみると

なぐさみ【慰み】〔動詞「なぐさむ」の連用形から〕①心を楽しませること。また、その手段。気晴らし。うさばらし。たのしみ。 「 -に小鳥を飼う」 「何の-もない毎日」 「うまくいったらお-」(②以下略)

「慰み」は少し軽い感じがする言葉です。ここは「慰め」の方が適切でしょう。

なぐさめ【慰め】なぐさめること。また、その手段となるもの。 「 -の言葉もない」 「歌は心の-」 「家族が無事だったのがせめてもの-だ」

(引用はいずれも大辞林)

気にせず読む人もいるかもしれません。それでも、より正確な言葉遣いを目指し、感覚を研ぎすませて細部まで目を配っています。

国語辞典は楽しい! オンライン講座

 びっしり文字が書かれていて分厚い国語辞典。家に辞書はあったと思うけど、言葉の意味はネットで検索すれば済むし――なんて思っているあなた! 国語辞典は個性があって楽しいものなんです。「人」がつくっているのですから、一つ一つの短い文にも思いが込められています。

 今回、一昨年改訂の「岩波国語辞典」、昨年改訂の「新明解国語辞典」のつくり手による対談が実現。日々言葉に向き合いながら辞書を引き比べる校閲記者が、それぞれの辞書の魅力に迫ります。

 3/19(金)18時半~20時開催、受講料は3300円(税込み、1週間アーカイブ視聴可能)です。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter