「毎日ことば」から生まれた本「校閲記者の目――あらゆるミスを見逃さないプロの技術」(毎日新聞出版)の 目次をご紹介します。一部は毎日新聞ニュースサイト「経済プレミア」に紹介されています。

目次

はじめに

第1章 校正おそるべし――「間違い紙面」で校閲力チェック
日本人は今日も「活字」中毒
「校正可畏」とは
トランプ米大統領の勝利「号外」をチェック
「校閲体験」解説
1カ所見逃しただけで0点

コラム1 校閲いろは唄

第2章 「熟考」をなぜ「塾考」にミスパンチ?――誤字・異字同訓

1〝誤植〟はなくなったけれど

日本最古の訂正記事
達筆の記者に困らされた時代

2 同音異義語の多さに驚く

使用頻度から見る、今どきの「ハイガイ」主義
辞典はことばてん、事典はことてん

3 同訓の使い分け

新聞で常用漢字外を仮名にする理由
意味を熟知して書き分ける
愛は国境を「超」え、軍隊は国境を「越」える
移動の「渡る」、広範囲に及ぶ「亘る」

4 ヒューマンエラーは「ある」と認める

ワープロの学習機能が泣いている
指が滑って戦国時代劇の世界?
広辞苑の誤植

コラム2 確かに外れてしまっているかも

第3章 「1人前」と「一人前」で意味が違う――数字・単位・記号

1 洋数字? 漢数字?

書き分けの基準

2「数え方」も難しい

16年3月は東日本大震災から「何年目」か
法律では誕生日前日に年を取る

3 数字以上に失敗しやすい単位

校閲記者は料理ができなければ務まらない?
常識としてあり得るか、想像力を働かせて
たかが助数詞、されど助数詞
電力(W)は蛇口の勢い、電力量(Wh)は風呂おけ内の水量

4 記号をどう使うか

ハッシュタグ記号はシャープではない
「なぜ新聞は閉じかっこの前に句点をつけないのか。」
々やゝはどう入力する?

コラム3 何でも洋数字に

第4章  イメージ先行?「花向け」「悪どい」――事実誤認・覚え違い

1 時がたち、時代は変われども

誤ってはならない戦争の史実
見かけなくなった物の名
料理の道具も変わると……
知らなければ着方もわからない「着物」「浴衣」「長じゅばん」

2 困ったイメージ先行?

いかにもそれらしい、「花向け」「真っしぐら」
事実誤認を誘わないように

3 おめでたい日はノーミスで

今では籍に入れてもらわない
建国記念「の」日
えとイコール動物ではない

4 それぞれ、違います

豚の脂は「ラード」、牛の脂は「ヘット」
餅をつくる米は餅米ではない?
食べる海藻、食べられない海草
ヒツジとヤギ
イラストにも目配りを

5 フィクションでも事実は押さえる

それをリュックに入れてはいけない
新幹線はやぶさは上野駅を「通過」した

コラム4 危ないワイン

第5章 「雨模様」は降っている? いない?――表現のニュアンス

1「慣用」の言葉

使っている人が多ければ正しい?
夏が来れば思い出す……「ゲキを飛ばす」
「雨模様」は、降っている? 降っていない?
「目線」は俗語か。「上から目線」でなく考える
マスコミの用語担当者たちも迷う表現
三十路って何歳?

2 一字違いでも

もの「に」してはいけない
「ろくなものがない」と「ろくにものがない」
時には体でぶつかってみよう

3 読み手の立場で

配慮に欠ける言葉遣いとは
比喩や文字遣いで「伝える」こと
「思う」と「想う」
司馬遼太郎さんの「おもう」

コラム5 実物は甘くておいしいおまんじゅう

第6章 品川区の目黒駅、港区の品川駅――固有名詞の落とし穴

1 名前を誤らないように

多数派に流されがち
ゆるキャラにも「人格」あり
とりどりになっていく日本人の名
「斉」と「斎」は別の字

2 タイトルは作品の顔

題名は命
固有名詞は入れ替え不可

3 地名いろいろ

阿佐ヶ谷駅か、阿佐ケ谷駅か
駅はどこにある?
緊急時こそ冷静に
首都名も揺れる

4 社名、商品名も要注意

実は商標です
ミスは入れ代わり立ち代わり

コラム6 張り紙に残る「誤植」

第7章 「再選する」?「再選される」?――文法と文脈

1「簡潔に」省きすぎると……

「任期を迎え、退任」ちょっと変?
暴力推進? 省いてはいけない
「再選した」のか「再選された」のか
他動詞的用法から自動詞的用法が派生
「たり」が足りない?

2 副詞一つで文脈が変わる

「あわやホームラン」はだれの気持ち?

3 なぜかよくある直し

早いと速いの使い分けで「訂正」
部下を「いさめ」はしない
「ら抜き言葉」は今や多数派
「さ入れ言葉」を使わ「さ」せていただきます?
最後まで気を抜かずに……助詞の仮名遣い

4 コンピューターで校閲は楽になるのか

カと力の違いを見分ける力
どう書きたかったか推理する
頼もしい相棒か、仕事を奪うライバルか

コラム7 現役校閲記者の短歌

おわりに

twitter

過去記事から