あるコラムに出てきた「細やかな助言」という表記。もちろん事細かなアドバイスであれば、これで構わないが、よく読んでみると、転職活動中の女性に対して「日々、後悔しないように」「思い悩むと体に変調を来しやすいので気をつけて」など情のこもった4項目だった。

このような場合は「こまやかな心遣い」「人情こまやか」という時の「こまやか」(漢字は「濃やか」。常用漢字表にない読みなので新聞では仮名書き)がふさわしい。

周りの反応が弱くて「意を強く」した?

福島の大学勤務などを経て古里に戻り、原発事故避難者の力になりたいという医学部教授が、学生らの反応の鈍さを気にしつつ「『遠くで起きたことで終わらせてはいけない』と改めて意を強くしている」。

「意を強くする」は本来「(支持・賛成を知って)心強く思う」という意味の慣用句で、「思いを強くする」とは異なる。出稿元に指摘し、「思いを新たにしている」と直った。

遠くても「密行」、近くても「密航」

米国ニューヨークの空港で、ロサンゼルスに向かう乗客女性のスーツケースに飼い犬のチワワが入っているのが見つかったという話題もの。女性が荷造り中に、チワワが入り込んだらしく、「チワワの密航は失敗」という落ちだった。

だが「密航」は「ひそかに船や飛行機で外国へ行くこと」(広辞苑)と外国へ行くことに限定している辞書もある。長距離空路とはいえ、ニューヨーク→ロサンゼルスは国内線なので、「密行」と直した。短距離でもカナダ行きの便ならば「密航」でよかった。

変換ミス・表現の誤り

×新規性基準 → ○新規制基準
×新聞を定期講読 → ○新聞を定期購読
×前掲姿勢 → ○前傾姿勢
×沖縄の一局で抑止力を担う → ○沖縄の一極で抑止力を担う
×「○△」の相性で知られる○○・△△組 → ○「○△」の愛称で知られる○○・△△組
(ダブルスのペアは相性の良さも知られているだろうが)

【中高正博】

 

国語辞典は楽しい! オンライン講座

 びっしり文字が書かれていて分厚い国語辞典。家に辞書はあったと思うけど、言葉の意味はネットで検索すれば済むし――なんて思っているあなた! 国語辞典は個性があって楽しいものなんです。「人」がつくっているのですから、一つ一つの短い文にも思いが込められています。

 今回、一昨年改訂の「岩波国語辞典」、昨年改訂の「新明解国語辞典」のつくり手による対談が実現。日々言葉に向き合いながら辞書を引き比べる校閲記者が、それぞれの辞書の魅力に迫ります。

 3/19(金)18時半~20時開催、受講料は3300円(税込み、1週間アーカイブ視聴可能)です。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter