一般によく使われている言葉遣いの中にも、厳密にいうと“不正確”なものがあります。

日常で耳にしたりすることは少なくないけれども、毎日新聞ではそのまま使わないように注意している……今回は、そんな五つの表現を選んでみました。

入籍

「結婚すること」の意味で使うのは旧制度の名残です。その意味を俗用として示している辞書もあります。

募金を呼び掛ける

「募金」に「おかねを寄付すること」という意味を記す三省堂国語辞典(第7版)も「あやまった使い方」と付記しています。(関連エントリー→「怪しげな『募金』に要注意」

断トツの1位

「トツ」は「凸」ではありません。「断トツの最下位」というのもやはり変です。

無断引用

「引用」は、そもそも無断で、許容される範囲で行うものなのです。

至上命題

三省堂国語辞典(第7版)は採用している言葉ですが、あやまって使われていることも示しています。

 

オンラインで学ぶ校閲実践トレーニング

次回の講座は12月6日(日)の14:00~16:00、受講料は3000円です。日本全国、世界中どこからでも受けられます。

「文章を間違いのない分かりやすいものにすること」が校閲。校閲記者がどのような読み方をして間違いを見つけたり文章をブラッシュアップしたりしているのか、実例に基づいて解説します。その上で実際に校閲作業を体験していただき、楽しく学びながら校閲作業のコツをお伝えします。

毎日新聞の校閲記者によるオンライン講座はリピーターも多く、大変好評をいただいています。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter