「始末書だ、始末書!始末書を書け!」。その日、普段通り支局に上がった私を待っていたのは支局長の怒声だった。

「(何かやってしまったか、しかし身に覚えがないぞ)……」。私があっけに取られていると、デスクがその日の朝刊を手に近寄ってきた。「君のニュース検定の記事。雑感を取った人の名前が間違っていた」。「えっ!!」

前々日に広島市内で取材した、わが社ものの「ニュース時事能力検定」で、検定終了後に受検者の男性の声を拾った。「内容は難しかったですか」「自信はありますか」――いくつか質問を重ねて、いつも通り最後に住所、職業、氏名、年齢を聞いた。

「お名前を教えていただけますか」「名前は『スバル』に似た漢字1文字で、コウです」。「ああ、あの字か」と急いでノートに書き込む。(スバルじゃなくてコウか、珍しい名前だな。)

取材を終えて、原稿を書くために支局に戻り、取材ノートを開いた。そこにあった名前は「昴」。「コウ(昂)」と1画多い「スバル(昴)」とを逆にしていたのだ。

言い訳がましいが、辞書やインターネットを使って確認しようという意思はあった。完全な自信はなかったからだ。しかし、そのときはなぜかその動作を怠ってしまい、モニター、ゲラの2段階チェックを通してしまった。

紙面を見た男性のご家族が支局に電話を入れてきたらしかった。「優しい人でよかった」。デスクの一言が唯一の救いだった。「思い込み」が最大の敵だと知った。そして、当然のことだが「読者は紙面を厳しく、細かく見ている」と改めて胸に刻んだ。現在の校閲の仕事にも通じる教訓だ。

経過を報告する私に支局長が教えてくれた。「漢字の間違いをなくすためには、(取材)相手に名前を書いてもらうことや」。街頭取材などで、わざわざ足を止めてもらった上に、名前まで書かせるのはどうか、という思いもあったので、自分流のアレンジ「自分で書いて相手にノートを見てもらう」をそれ以降は徹底した。そのかいあってか「スバル事件」が最初で最後の「訂正」になった。

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter