校閲をしていて遭遇しがちなものの一つに「ニゴロ」があります。野球のセカンドゴロを表す「二ゴロ」をすべてカタカナ変換したケース。当コラムではフォントの違いが分かりにくいかもしれませんが、文字列で検索してみてください。カナの「ニ」は、漢字の「二」ではヒットしないはずです。これが今回のお題。このサイトの漢字クイズでも、過去に「カタカナのような漢字」というテーマの出題がありましたが、その中の一つ、「卜」に関する話です。

先日、卜部(うらべ)さんという人名が出てくる原稿を校閲していたときのこと。ふと、その近くの原稿にある、カタカナの「ト」とあまりにも似ていることに気が付きました。過去の新聞から漢字の「卜」を使った紙面を探し出して拡大してみると、カナの「ト」とは違う形。その原稿では、やはりカタカナの「ト」が使われているようだということで、直してもらいました。

この2字はとても似ていて、とっさには判別がつきません。フォントによってはほとんど差がなくなります。見た目がほとんど同じであれば、見分けることに意味があるのか、少し考えてしまいました。もちろん校閲者としては、人名などは特に、正しい字が使われているべきだと主張したくなりますが、なかには意味のないこだわりと感じる人もいそうです。

しかし、現在、新聞社はインターネットでもニュースを発信しています。さらに、日々のニュースをデータとして蓄積し、アーカイブを構築するという新たな役割も出てきました。そういう側面から見ると、別の字が入ることによって検索でヒットしなければ、やはり問題といえます。紙面の見た目さえよければ、という時代から移り変わって、新たな悩みが出てきたというところですが、そこは校閲記者の腕の見せどころ。職人芸を発揮して、正確なデータをお届けできるよう、頑張っていきたいと思います。

【水上由布】

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter