学生のころ、大学生協の書店で出会った“ミステリィ”小説にはまりました。作者の森博嗣氏は当時、某国立大学の工学部助教授。第1回メフィスト賞を受賞した「すべてがFになる」が有名です。小説にはまだ珍しかった“コンピュータ”や“バーチャルリアリティ”など最新の“テクノロジィ”が登場し、工学系の研究者や専門家が“キャラクタ”となるなど、“理系ミステリィ”として人気を呼びました。

森氏は文章表現にこだわりがあり、その一つが外来語のカタカナ表記です。「英語の語末の-er、-or、-arなどは長音符号(ー)で表すが、3音以上の場合は長音を付けない」をルールとしています。たとえばElevatorは“エレベータ”といった具合です。これは日本工業規格(JIS Z 8301)に沿っているそうで、「子音-y」は「ィ」で表す(mystery:ミステリィ)という森氏独自のルールもありました。工学系の専門家ならではのこだわりですね。理系学生の端くれだった私は感銘を受け、リポートやノートの表記でまねをしたものです。

近年では、こうした表記はかえって珍しくなりました。コンピューターの普及に伴ってIT関係の用語は一般的になり、より発音に近い表記が好まれるようになったからともいわれます。文部科学省は91年6月の内閣告示第2号で「英語の語末の-er,-or,-arなどに当たるものは原則として長音で表す」としました。ソフトウエア最大手のマイクロソフト社も08年7月に、それまでJISに従っていた製品とサービスにおける長音表記を変更する事を発表しています。

外来語をカタカナ表記で取り入れてきた日本語は、柔軟でとても合理的に思えます。Computerを電子計算機、Elevatorを昇降機などと言い換えるより、今ではずっと伝わりやすいでしょう。毎日新聞には外来語表記の原則が19項目、外国地名・人名表記の原則は4項目(うち1項目には、主な外国語別に7種類の細目)もあります。ニュースも国際化が進み、聞き慣れない国の言葉をどう表すか悩むこともありますが、適切でわかりやすい表記ができるよう心がけていきたいです。

【三股智子】

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter