by ひでわく

「さっきからどうも『禅』の字がふんどし(褌)に見える」。くだけた酒の席で同僚が、品書きにかかれた店名のロゴを指さしてポツリ。私も同感でした。そして、もし「単」の部分を旧字体(單)のようにデザインしたらもっと似るかも……などと考えるうち、数年前に「単(單)」をつくりに持つ字で大失敗したことを思い出しました。

 毎日新聞の購読者向け月刊誌「毎日夫人」のあるページで、飛騨高山、飛騨路など何カ所も出てくる「騨」が、見出しも地図も全て「彈」(弾の旧字)と弓へんで印刷された、悪夢のような出来事。実は「騨」は、新聞紙面などで用いる印刷標準字体の「馬へんに單」に対し俗字とされるものです(情報端末で正しく表示できないことがあるため、やむなく当欄では見出しを含め俗字を用いました)。馬へんのまま「単」の部分が「單」になるよう直しを出したのですが、最終チェックで字の右肩しか目に入らなかったというわけです。

 読者から指摘を受けた当時の編集長に見解を聞かれ、弓へんと馬へんの違いを見逃した負い目もありますから、完全な誤りだと慌てて答えた私。あとで落ち着いて地名事典をひくと、おもしろいことがわかりました。「ひだ」を表す岐阜県北部の国名は、他にも斐陀、卑田、飛駄などいくつもの漢字表記が古い文献にみられ、「飛弾」も鎌倉時代の伊呂波字類抄という辞書に登場するのです。地名の世界は奥深い! もちろん、「だから弾(彈)でも正しかった」と言いたいのではありません。

 反省は続きます。冒頭の酒席から帰宅後、禅を旧字にしたら「禪」と、へんの形も異なることに気づきました。これではふんどしから少し遠くなりますね。落ち着いてよく確認しないと冗談も成り立ちません。本当に幾重にも痛感したのでした。

【宮城理志】

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter