サッカー・ワールドカップの日本代表入りを惜しくも逃した古橋亨梧選手は、写真のように「悟」と間違えられるだけでなく、「亨」の部分が「享」になってしまうこともあり要注意です。

1998年、日本が初めて出場したワールドカップで驚きの日本代表落選となったのは、カズこと三浦知良選手でした。「カズ」なのに「和」ではなく「知」であり、こちらも変換ミスの危険が非常に大きい選手です。

もはや古典的とも言える人名のミスですが、こうやって原稿に登場するのも、三浦選手がまだ現役だからこそ。55歳の今年、JFLの最年長得点記録を更新しています。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter